うがい薬:保険適用外に…国費61億円削減効果 – 毎日新聞

うがい薬:保険適用外に…国費61億円削減効果 – 毎日新聞.

うがい薬:保険適用外に…国費61億円削減効果

毎日新聞 2013年12月24日 22時16分(最終更新 12月25日 01時05分)

 財務、厚生労働両省は24日、医師が処方する「うがい薬」について来年度以降、同時にほかの薬を処方しなければ公的医療保険の対象から外すことで合意したと発表した。同薬の処方だけのために医療機関を受診する人を減らし医療費抑制につなげるのが狙い。25日、厚労相の諮問機関、中央社会保険医療協議会(中医協)に提示し、了承を得る。

 これにより、国費ベースで約61億円の削減効果が見込めるという。うがい薬を巡っては民主党政権当時の2009年、政府の行政刷新会議の事業仕分けで「薬局で市販されているなら医師が処方する必要性に乏しい」として、漢方薬などとともに保険の対象外とする方針が打ち出されたが、結論を先送りしていた。【中島和哉】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です