甲上腺がんの病態と診断

―放射能との関わりを含めて

2014年2月26日(水)19:00~21:00
宮城県保険医協会研修ルーム(仙台市青葉区本町2-1-29仙台本町ホンマビル4F
講師:小野 美明 (小野よしあき内科クリニック院長)

福島県の「県民健康管理調査」で、2011年度から2013年度に検査を受けた22万6000人のうち、甲上腺がんと確定した子どもは26人、「がんの疑い」は32人、手術の結果「良性」の判明は1人で、検討委の座長は「現時点で、甲上腺がんが原発の事故の影響で明らかに増えているわけではない」と述べています。(2013年11月12日時点)私たちはこの発表をどのように受け止めたらよいのでしょうか。原発事故による住民の健康への影響を考えるうえで正しい知識が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です