influenza

インフルエンザ

Hemagglutinin:(HAヘマグルチニン赤血球凝集素)

 赤血球と吸着し粘膜に吸着するレセプター

Neuraminidase:(NAノイラミニダーゼ)

 酵素を使って細胞膜を溶かしvirusを外へ放出するためのレセプター

virusターゲットの細胞にHAを使って進入し細胞が自分の遺伝子と間違ってvirusを増殖してしまう。そして、NAを使って外へ増殖してゆく。

tamifluタミフルは、インフルエンザウイルスのノイラミニダーゼNAを阻害し、ウイルスの細胞外への遊離を抑制しインフルエンザウイルスの増殖を抑える。

白血球が熱を出す成分を出すので熱がでる。体温が38度でvirusが死亡する。

熱が出ると脱水するためぐったりしているので、水分を補給する。

粘膜では、主にIgA抗体が分泌され、IgG抗体の分泌は少ない。

インフルエンザワクチンをうっても、血中にはIgG抗体が産生されるが、上気道粘膜にはIgA抗体は産生されない。 気道末端の肺胞付近では血中よりIgG抗体が分泌され感染予防となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です